不動産を持つ理由は利権のみにあらず

相談

長い人生を安定して過ごすためのファイナンシャルプランを充実させるために、自己資産に余裕ができたら投資を行う人が多いです。その投資の中でも、特に人気があるのが不動産の所有権を購入することです。不動産の所有権というのは、土地付き一軒家もしくはアパートやマンションなどの集合住宅のフロアの権利を購入することを意味します。これは自身で使うためにではなく、所有権を有することによって後で購入した時よりも値段が上がった時に売りに出すことで差額で利益を上げるのです。しかし不動産の所有権を手に入れるのは売りに出すことで利益を出すことだけでなく、実は所有権を得ることによって別のことにも活用ができるのです。それが不動産担保ローンであり、これは不動産の所有権を銀行に融通することでお金を借りられる仕組みになります。

融資を受けたいときに審査が通りやすい

積み木

冠婚葬祭などのイベントを筆頭に、人生の中には多くのお金を必要とするときというのが存在します。そのイベントが前もってわかっていれば準備期間があるので用意できますが、大半は突然必要になる場合が多いので手持ちの資金では足りない場合があります。そんなときには銀行から融資を受けることになりますが、融資は信頼に置ける人物でないと銀行も貸し出してよいのか迷うので審査に時間がかかるだけでなく審査が通らない可能性も十分に考えられます。問題は信頼に置ける人物というのが重要であり、信頼というのは20歳以上になってから無理な資金の使い方をしていない安定した生活を送っているかもしくは無理なお金の使い方をしていても代わりとなる価値のあるものを所有していることが条件です。不動産担保ローンはこの後者の価値のあるものであり、不動産は安定した価値を持つものなので担保にすることで融資の審査が迅速に通りお金を借りられます。

教育資金から購入資金まで

積み木

不動産を所有して、それを銀行に不動産担保ローン契約をすれば後は色々な活用方法があります。不動産担保ローンで使い方で最も多いのが、冠婚葬祭のイベントで急に資金が必要になった時に小額を切り崩すことによって資金を用意するというものです。少額であっても、不動産担保ローンによって審査が通るのが早いのですぐに資金を得ることが可能になります。そして次に利用方法として挙げられるのが、長い人生の中で生活の手助けをするために車を購入したり老朽化した家をリフォームしたりするという場合に活用できます。これらの車や家のリフォームをするときには別のローンに資金を注入しなければならないですが、不動産担保ローンがあればそれを元手にローン資金にすることができるので車の購入やリフォームがしやすくなります。これ以外にも例えば子供がいる世帯であれば高校までに多額の資金がかかる養育資金の工面に使用したり、海外旅行などの趣味趣向にも活用したりすることができるのです。

広告募集中